レンタルCD&DVD ジャニス>ディスクレビュー>>MOUTH MUSIC / MOUTH MUSIC (マウス・ミュージック)

ディスクレビュー DISC REVIEW

« 前のレビューへ | レビュートップ | 次のレビューへ »

MOUTH MUSIC / MOUTH MUSIC (マウス・ミュージック)

MOUTH MUSIC / MOUTH MUSIC (マウス・ミュージック)

ディスコダブ等のクラブシーンや、ポストロック等で注目を浴びるアフリカンビート。
ウリチバン郡のように思い切ってワールドミュージックを取り入れたようなグループも出るような昨今ですが、今作はそんな中で再評価を浴びるべきではないかと思う作品。91年に発表された今作は、「ケルトミュージック+アフリカンビート」という何とも食指が動くキャッチコピーがついていて、サウンドも、ケルトの神秘的な美しさを、ポリリズムの複雑なビートにのせて楽しめる素晴らしい作品。女性ヴォーカルと、男性コンポーザーとのユニットなのですが、シーケンスによってアフリカのポリリズムを再現するという、今でこそ当たり前な手法のハシリを見る感じです。90年代ダンスミュージックらしい、微妙な古臭さも◎。


アマゾンで買う

関連アーティスト

レビュージャンル