レンタルCD&DVD ジャニス>ディスクレビュー>>COST OF LIVING / DOWNTOWN BOYS (ダウンタウン・ボーイズ)

ディスクレビュー DISC REVIEW

« 前のレビューへ | レビュートップ | 次のレビューへ »

COST OF LIVING / DOWNTOWN BOYS (ダウンタウン・ボーイズ)

COST OF LIVING / DOWNTOWN BOYS  (ダウンタウン・ボーイズ)

ロードアイランド州のプロビデンス出身の男女混合5人組。これがもうめちゃくちゃカッコイイ!Guy Picciottoがプロデュースしていることもあってか、初期フガジを
連想させるサウンド。大事なことは二度以上繰り返し皆でコーラスするといったシンガロング・スタイルはまさにフガジに通じます。英語とスペイン語を混ぜて歌う、声変わりしていない少年のような女性ヴォーカルもカッコイイ!!トランプの移民政策を批判しているだろうM-1「A WALL」は勿論、政治的な意見、議論をアジテートするようなパワフルなバンドです。DISCORD好きは勿論、LEATHERFACEのようなUKメロディック、X-RAY-SPEX好きにもお薦め。(9/9レンタル解禁)

アマゾンで買う

関連アーティスト

レビュージャンル