レンタルCD&DVD ジャニス>ディスクレビュー>>Alles Ist Gut /Gold Und Liebe/1st STEP TO HEAVEN / D.A.F. (Deutsch Amerikanische Freundschaft)

ディスクレビュー DISC REVIEW

« 前のレビューへ | レビュートップ | 次のレビューへ »

Alles Ist Gut /Gold Und Liebe/1st STEP TO HEAVEN / D.A.F. (Deutsch Amerikanische Freundschaft)

Alles Ist Gut /Gold Und Liebe/1st STEP TO HEAVEN / D.A.F. (Deutsch Amerikanische Freundschaft)

79年にロベルト・ゲイル(パーカッション&エレクトロ)とガビ・デルガルト(スペイン系移民で実は苦労人)、更にジャーマン・ニューウェーヴの最重要レーベル、アタ・タックを主宰するピロレーターことクルト・ダールケ(エレクトロ)らを中心に結成されたボディ黎明期の最重要バンド。

押し殺した様なファンクネスとジャーマン・ニューウェーヴに顕著なエレクトロの実験的な使い方で、本国はもとよりセールス的にはイギリスを中心にヨーロッパ全土で売れ、日本でもD.A.F.好きっていうとちょっと通好みみたいに思われてました。初期の大傑作3RD(ボディ系屈指の名曲「DER MUSSOLINI」収録)と同年リリースの4TH、それに米進出を狙ったダンス・リミックスアルバムとしてリリースした「1st STEP TO HEAVEN」(コテコテすぎて微妙にコケましたが、今聴くと他のボディ系の押し付けがましいまでのパッションとは一線を画すクールなエロスに満ちたアルバムでこれはこれでかっこ良かった!)の3枚は鉄板!これ無くしてはボディは語れない!!!

アマゾンで買う

関連アーティスト

レビュージャンル