レンタルCD&DVD ジャニス>ディスクレビュー>>Twitch/Land of Rape and Honey/Mind Is a Terrible Thing to Taste/Beers Steers & Queer / MINISTRY/REVOLTING COCKS (ミニストリー/レヴォルティング・コックス)

ディスクレビュー DISC REVIEW

« 前のレビューへ | レビュートップ | 次のレビューへ »

Twitch/Land of Rape and Honey/Mind Is a Terrible Thing to Taste/Beers Steers & Queer / MINISTRY/REVOLTING COCKS (ミニストリー/レヴォルティング・コックス)

Twitch/Land of Rape  and Honey/Mind Is a Terrible  Thing to Taste/Beers Steers  & Queer / MINISTRY/REVOLTING COCKS (ミニストリー/レヴォルティング・コックス)

インダストリアル〜ボディ界からもラウドロックファンからも不動の人気を誇るUSAのレジェンド。フロントマン、アル・ジュールセンが中心となり81年に結成されたミニストリーの特徴はなんといってもゴリゴリのハンマービートにスラッシュメタルをさらにブチ込むという「インダストリアル・メタル」サウンド!特に86年から90年にかけての作品はミニストリーのEBM全盛期で当店でも定番商品になっています。中でもエイドリアン・シャーウッドがプロデュースした86年作「TWITCH」はダンスミュージック度が高くクラブリスナーにも人気。DAFをフェイバリットにあげているのがよくわかる、硬質なビートに痺れます!余談ですが、別プロジェクトREVOLTING COCKSもミニストリーに
良い意味でのバカっぷりが追加されていて店員の間で密かに人気です。

アマゾンで買う

関連アーティスト

レビュージャンル